ドイツの電車は高く、1ヶ月以上いる人なら定期を買うことをおすすめします。
(※ドイツ定期は購入から1ヶ月でなく、2月なら2月しか使えない定期なので月末の人は要注意です。)

日本同様、デュッセルドルフでは定期は機械で買うことも窓口で買うこともできます。

日本で買った場合、窓口で買おうが、機械で買おうが同じ出来上がりですが、ドイツだと完成が大きく異なります。

機械で買った定期はただの薄い紙っぺら

じゃーん。

ぺらぺらの紙です。
自分の名前も手書きで書かなくてはなりません。
片道券や4回券と同じような素材の紙。。。なくしそう。。。くちゃくちゃになりそう。。。

機械で買うメリットは窓口でしゃべらなくてすむことですね。でも窓口のひとは英語もできます。威圧的でもないですし列も長くなく、順番はすぐきます。

窓口で買った定期も紙だけどいい感じ

つづいて窓口で買った定期がこちら。

ちゃんと名前もタイプ打ちです。
買うときにパスポートが必要なので生年月日も入力してくれました。

カラーの厚紙ですし、ご丁寧に透明ケースにまでいれてくれます!

なによりも定期っぽいです!!

窓口で1度買えば、次の月からその定期を出して、今月の定期ください、っていばいいだけです。
始めに買うのを頑張れば、あとは楽勝です。

窓口での買い方

まず窓口のある所に行きます。デュッセルドルフ中央駅には駅ナカにReisezentrumというところがあります。

ここを入って左へ行くと3列のカウンターがあるのでそこに並びます。

順番が来たらこのように言います。

自分:I would like to have monthly ticket.
係員:Do you have previous ticket?
自分:No. It is first time to buy it.
係員:What kind of ticket do you want?
自分:I want Ticket 1000 and B area, and after 9 oclock.
係員:OK
係員:Do you have a passport?
自分:Yes (と言って差し出す。)
係員:タイプしてチケットを作ってくれます。
自分:Danke shone!

と最後はドイツ語でありがとうを言って終わりです。

どの種類のチケットを買うかこの3点ははっきりしておいてから行ったほうがいいです。

①Ticket 1000 か Ticket 2000 か?
②エリアはどの地区か?
③9時以降のチケットか9時前にも使えるチケットか?

この3点を書いて、その値段も書いた紙を出したら間違いないと思います!!

ちょっと最初はドキドキしますが、大丈夫です。向こうも慣れてます!

まとめ

ドイツの定期で機械で買う定期と窓口で買う定期の違いを説明しました。英語やドイツ語ができないと対面式の窓口は嫌煙してしまいますが、なんのチケットがほしいかの3点とパスポートを持っていけば問題ないです!一度買ってしまえば、次の月からその定期をもって、I want to get monthly ticket for this month.といえば、同じのを作ってくれるので、最初は頑張ってみることをお勧めします!

スポンサーリンク