デュッセルドルフの街をわかってくるとよく見かける24時間ジムFITX。

安いとの噂ですが(月20ユーロ)、ドイツ語のできない私には敷居が高かったのですが、ついに行ってきました。

予約は不要です。必要なものをもって、のこのこ行くだけでOK!

持ち物

以下の持ち物を持っていきます。

1.身分証明書(滞在許可カード、パスポートなど)
2.ジム ウェア
3.靴
4.ビニール袋
5.水 または 空ボトル
6.タオル
7.シャンプー、リンス、ボディーソープ
8.替えの下着

持ち物の必要性の説明

1.身分証明書と引き換えに、ジム内で使うカードがもらえます。帰りにジムのカードを返すと身分証明書が返ってきます。
2.ジムウエアと靴。ドイツ人の方はピタピタの服が多いです。動きやすい服なら何でも大丈夫です。Primarkとかで安くスポーツウェアが手に入るので長く続けるかわからない人、とりあえず安くそろえたい人はそれがお勧めです。
4.ビニール袋は汗でぬれたトレーニングウェアを持ち帰るのに便利です。
5.無料で水やフルーツ味の水を飲めることができます。体験ですと容器もなにもないので、自分で容器またはペットボトルを持っていくことをお勧めします。
6.タオルは汗ふきやシャワーの後につかいます。
7.シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けがないので、シャワーを浴びて帰る人は必須です。シャワーは個室ではなく部屋にシャワーがいくつかあり、すっぽんぽんで浴びる感じになります。女性ロッカーなら他の女性に見られてしまいますが、ドイツ人は全然気にしてません。
8.替えの下着はあったほうがいいですね。

スポンサーリンク

手順

1.受付でトライアルを受けたいことを伝える。(英語でOK)I would like to take traial とか trial pleaseとかでOK!
2.カードをもらい、ロッカールームに移動
3.着替えて、早速全部試したい放題。
4.コースにも参加できます。
5.終わったらロッカーで着替え、受付に戻り、カードを返して身分証明書を返してもらう。

行ってみた感想

コースは音楽に合わせて動き、楽しかったです。マシンも聞けば使い方を教えてくれます。年配の人もいて日本より気兼ねなく行ける感じはしました。みんな自分に集中してます。

トライアルは1回だけでなく2回目もできるそうで、大盤振る舞いです。

出会いを求めてジムにいく日本人をちらほら聞きますが、出会いはなさそうです。みんな自分に集中してます。

スポンサーリンク

まとめ

本当に無料で体験できるし、とりあえず行ってみることをお勧めします!