Flixはバスだけではありません。電車もあります。

Deutch Bahnよりも30ユーロくらい安かったのでFlix Trainに乗ってみました!

色はバスと一緒でとてもわかりやすいですね。

私が乗った区間はハンブルクからデュッセルドルフでしたが、デュイスブルクまでずっと満席でした。

席は自由席

ハンブルクの駅でもうすでに人がいっぱいで、席を探すのが困難です。(完全自由席)

アナウンスも乗車率いっぱいいっぱいなので、、みたいなアナウンス流れてました。

これはデュイスブルクを通った後にとった中の写真です。

シートは快適そうですが、このシートをハンブルクでゲットするのは至難の業です。

ハンブルクの駅に着いた時点ですでに人がたくさん座ってました。

結局簡易シートみたいなところで座る羽目になりました。

社内の人々は。。。

社内のマナーが悪い!

パーティーしているグループもあれば、音楽をイヤホンなしに大音量で聞かせてくれるグループもあります。

暑いらしく、窓側にいる私を無視して勝手に窓を開けてくる。寒いので対抗して数十分後締めました。。
対向電車の音も大きくてびっくりするし、確かに空気は悪かったけど締めちゃいました。

これで長距離はとてもしんどいです。。。

ちょっとしか変わらなかったら次回はDeutch Bahnにしようと思いました。

お得に乗るためには?

ちなみに、Flix TrainはよくFacebookで10%の割引広告が出ているので要チェックです。

保存しておけばその期限まで使えます。

やっぱり遅延?

Flix TrainもDeutch Bahnなみに遅延しました。

ドイツの電車は遅れますねー。

Flix Trainも電車のホームでこのようにFLXとちゃんと表示されます。

ドイツ鉄道と同じ感じでホームにつき、出発します。

チケットのチェック

ドイツ鉄道のようにチケットのチェックはFlixのジャンバーを着たカジュアルなお兄さんたちがチェックしにきます。
アプリをみせたり、プリントアウトしたチケットを見せましょう。