やはり海外に住んでいるとやはり日本食が恋しいです。

私の住んでいるデュッセルドルフでは日本食材がかなり充実していますが、それでも手に入りにくいものや高くて手が出しにくいものがあります。

そこで私が持ってきてもらってい嬉しかった日本の物を紹介します。

フリーズドライのお味噌汁

ドイツは日本に比べて冬が長く、私も年齢とともに冷えが年々悪化しているので、私はフリーズドライのお味噌汁が一番うれしいです。
これを飲むとひどい冷えの時もぽかぽかと体が温まります。
調理の手間もなく、お味噌汁は味噌と具が別になっているものよりもフリーズドライが一番おいしいです。

賞味期限が長いのも良いポイントです!

最近はフリーズドライのカレーや麺類や親子丼なども出ているみたいですが、やっぱりお味噌汁が一番いい!!

 

魚の缶詰でも

もう一つうれしいのが魚の缶詰です。

でも、ツナ意外です。ツナの缶詰はどこの国でも充実していると思います。

サバの水煮や味噌煮、さんまのかば焼きなどがいいですね!か

こちらも調理の必要がなく賞味期限も長く、白ご飯だけで食べられるのでとてもうれしいです。

缶詰は重いのでなかなか一時帰国の時に自分で持ち帰ると重量オーバーになってしまうので、家族や友達が訪ねてくれた時にもらうととっても重宝します。

 

 

 

以上、私目線ですが、海外在住の私がもらってうれしい日本食のお土産でした。

海外に住んでいる友達に持っていく、または出張で訪問するときにお土産も迷われる方の参考にもなれば幸いです。