スポンサーリンク

ドイツのドラッグストアdmやRossmannに行くと日焼け止めをたくさんみます。
私もいつも使い心地のいい日焼け止めを求めて色々試してみました。


左からNivea, Garnier, dmのオリジナルブランドSUN DANCE, dmのナチュラルコスメオリジナルブランド alverde, Eucerin.

まず全体的に言えることは伸びが悪く白うきしがち。
日本の日焼け止めのようにジェルタイプで伸びて、色も透明になるタイプは少ないです。

ニベア(Nivea)

7.95ユーロ
こちらは顔用。ニベアは他の日焼け止めと比べて伸びは良いほうです!そして白浮きもせず、お値段も手ごろ。安心のブランドなのでおすすめです。顔用だけあって小さめです。anti-ageとあって頼もしい。
匂いも優しい匂いで使い心地も良いです。

ガルニエ(Garnier)

8.45ユーロ
これは液体タイプでとっても簡単に使えます。液が透明なので日焼け止め塗った感もありません。
ボトルの中で分離しているので、よく降ってから使いましょう。
シュシュと簡単に吹きかけるだけなので、時間がないときでも簡単に塗ることが一番の特徴だとおもいます。
ただ、この液体で本当に日焼け止め効果を発揮しているのかはちょっと心もとないです。本当に水みずしいので。。。

スポンサーリンク

dm サンダンス(Sun Dance)


4.54ユーロ
こちらもスプレータイプですが中は白いです。
スプレー部分が雑なでかたで、しゅっとするとビヤっと広がります。
汚れてもいいフロアでやらないと飛び散りますので要注意です。
ちょっと海の砂浜で思う存分脚とかにスプレーするのにはいいかもしれません。
日焼けめは強いものだと肌に負担がかかるので、ジュニアの子供用を買って使ってみました。

dm アルべルデ(alverde)

6.95ユーロ
こちらはdmオリジナルブランドのナチュルコスメです。
日焼け止めは成分が強いのでできるだけ肌に優しいものを使いたいとおもい期待していたのですが、まぁ伸びが悪い。。白浮きもしてしまいます。
腕や足に根気よく使うのはいいかもしれませんが、ちょっと忙しい朝には時間がかかりそうです。
敏感肌ようなので肌の弱い方はいいかもしれません。
写真の通り中身はちょっと黄色かかっています。

スポンサーリンク

ユーセリン(Eucerin)

14.99ユーロ
ドイツで長く愛されている皮膚科医推奨のコスメブランド。この中では一番お値段が張ります。
敏感肌用にも作られているブランドなので安心安全です。
顔や体に使え、Sun cream gelと書かれているだけあって、他のドイツの日焼け止めよりは伸びがいいです。
(でも日本の日焼け止めのほうがすーすーぐいぐい伸びます。)
皮膚のお医者さんが進めるだけあって成分はきっといいのでしょう。
ただ、匂いがじゃっかん癖があります。(香料使ってないそのままの匂いの感じです。)
値段なんで気にしない、使いやすくて、肌に負担のないものをお探しの人はこちらのブランドもいいのではないでしょうか。

まとめ

時々現地のことには現地の物を使ったほうが効果あると聞きますが(例えば現地の風邪には現地の風邪薬しかきかないとか、日差しが違うから現地の日焼け止めがいいとか)、そんなこともないと思います。
結局めんどくさいな、と日焼け止めを使わなくなるのが一番よろしくないので、簡単に使える日焼け止めで日々の習慣にするのが一番いいのかと個人的には思います。

この日本で買えるニベアの日焼け止め、ニベアドイツもあるんだからおいてくれればいいのにー。。。
ポンプ式でスルスル簡単に塗れてこの日焼け止め最高。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニベアサン スーパーウォータージェル SPF50 PA+++ ポンプタイプ 140g
価格:1056円(税込、送料別) (2018/6/10時点)