ベルギーとオランダの国境近くにあるアーヘンという小さなドイツの街に行ってきました。
ここは大聖堂が世界遺産として有名な街です。

アーヘン大聖堂下からのアングルです。

スポンサーリンク

ドイツのデュッセルドルフから1時間20分くらいで19~22ユーロくらい(片道)で行けます。

デュッセルドルフ近郊で定期を持っている人は ユーロで行けます!
参考記事:超お得なチケット!デュッセルドルフからケルン、アーヘン、ボンまで片道6.6ユーロで行ける!

デュッセルドルフに住んでいる日本人にここら辺で観光して楽しい場所あるー?と聞くと、大体みんな口をそろえて、アーヘンといいます。

アーヘンはアーヘン中央駅から20分くらい歩くとザ・観光地的な場所にたどり着きます。
大聖堂と市庁舎が有名のようです。

街並みはこんな感じです。

かわいい街並みの景色です。

いたって普通の景色も絵になります。


お昼過ぎくらいまでは市庁舎裏にマーケットが開かれており、そこで軽食食べるのも楽しいと思います!

街をぶらぶらしつつ大聖堂見つつでも日帰りで十分といえる街のサイズです。
私は11時頃ついて16時頃には街を出ました。

大聖堂の中は写真の撮影は可能なのですが、撮影するためには1ユーロ払わなくてはなりません。
最初に払うというより、見回りのひとに徴収される感じです。
ほとんどの人は、お金を取られると思ってなく、撮影をしていて、いきなり係の人に言われて、お金をみなしぶしぶ払ってます。
1ユーロ払うと、証明として、腕に巻く紙のストラップ的なものをつけさせられます。
大型カメラを持っていた人は大体、カメラの紐につけられてました。

スポンサーリンク

係の人にみつからない角度やいない時こっそり撮って、払わず撮影しているつわものもいましたよ!
しかし、係のおいちゃんは、ふつうの恰好しているのでわかりにくいです。(笑)

みなさんも撮影するときは大聖堂の中を見てから決めるといいと思います。

大聖堂はステンドグラスもしかり、天井のモザイクもしかり、それは美しいものでした!!

どこかデュッセルドルフからいきたいなーとおもったときにはおすすめの街です。

スポンサーリンク