以前この記事ドイツのビンの捨て方(デポジットがついてないもの編)を書いてから、デポジットのついているぺとボトルのリファンド編を書こうと思ってずいぶん時間が経ってしまいました。

今日はそのデポジットがついているものを返却して、デポジット分のお金を取り戻す方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デポジットマーク

下記のデポジットマークのついているものがリファウンド可能です。

ペットボトルは25セント返ってきます。

数量がまとまると結構大きい金額です。

なので、町中のゴミ箱に懐中電灯を当ててペットボトルを集めている人を良く見かけます。

 

デポジット機械を探そう

まず上記のような機械をスーパーで探します。

これはALDIです。入り口にあったり、スーパーの奥にあったりします。

NETTOでもREWEでもどこのスーパーにもあります。

スポンサーリンク

 

リファウンドのやり方

機械を見つけたらペットボトルや缶を底のほうから矢印の丸の中に入れていきます。

上記写真②です。

バーコードが読み取られすべてどんどん吸い込まれていくので、次から次へと持っている分だけ入れたら、最後にボタンを押します。(〇囲みの緑のボタン)

上記写真の③です。

ボタンを押すと下記のようにレシートが出てきます。

引っ張り出します。

こんな感じです。

これで、2.25ユーロ分、買い物したときに割引になります。

レジのベルトコンベアに買うものを置くときに、なにかの物の上にポンとこのレシートを置いておけば、レジの人がピッとバーコードを当てて、割引してくれます。

ペットボトル代金はあらかじめ、買った時徴収されているので、返却しないと損です。

初めてやるとなんだか緊張しますが、シンプル構造なので一度やってしまえば、なんてことありませんのでぜひやってみることをお勧めします!

スポンサーリンク