ドイツはいわずとしれたエコ大国ですが、ビンを捨てるにもいろんなルールがあります。

このデポジットマークがあれば、レジで容器代が別途取られているので、スーパーにあるデポジット機で容器代を返金することができます。

デポジットマークのついてないものは分別して捨てます。

近所を散歩するとこのようなゴミ捨て場があるはずです。

これがビンを捨てる場所です。

ドイツはビンの色分けをして捨てます。

左から、緑のビン透明のビン茶色のビン、の捨てるゴミ箱です。

ドイツ語で容器の色がそれぞれ書いてますが、右上の三角形で色分けされているのでわかりやすいです。

こういうのワインボトルは一番左のボックスへ。

こういう透明のパスタの空ビンは真ん中のボックスへ。

こういう茶色のビール瓶のような色は一番右のボックスへ。
※ビール瓶はマークがなくてもデポジットが可能です。茶色いビンがなかったので載せてます。

という感じになります。

初めてドイツに降り立つといろんなルールがわからなかったりしますので参考になれば幸いです。

デポジットマークがついてて、返金できるもののやり方はこちらの記事をご参照ください。

ドイツのスーパーでのペットボトルのデポジット方法(リファウンド編)

スポンサーリンク